スーパーニュース
お彼岸とは

お彼岸、気にしていますか?

みなさんがお仕事や学校に行っている中で、カレンダーなどを気にすることもあると思います。仕事などでも、特にサービス業などで、土・日・祝日の方が忙しい方などは、カレンダーでのチェックが欠かせませんし、会社員や学生のみなさんであれば、逆に土・日・祝日は待ち遠しいかもしれません。特に忘れていた、気が付かなかった祝日なんかに気が付くと嬉しかったりしますよね。実家が遠い方であれば、少し長いお休みだし帰省しよう!などと思う方もたくさんいると思います。

1年間で、数多くの祝日がありますが、決められていた日付だった祝日は、最近は金曜などに移動させ、土曜日と日曜日と合わせて3連休にする動きがあります。カレンダー通りの休みの方には嬉しいことでしょうが、人員不足のサービス業界ではなかなか苦しい、と言う話もよく聞かれます。しかし、連休であれば景気も動きやすいということで、世の中では祝日の移動が定着しつつあります。しかし、この祝日には、さまざまな役割があります。そしてそのひとつの役割として、その時期、季節を表す祝日が存在し、その代表的な祝日と言えば、春分の日秋分の日。この日を『お彼岸』と呼ぶことは知っていましたか?

 

お彼岸っていつ?何をするの?

ではまずは春のお彼岸である春分の日ですが、日にちはその年によって変動しますが、3月21日前後、秋のお彼岸である秋分の日は、9月23日前後となります。実は、お彼岸と言うのは、その春分の日、秋分の日の前後3日間ずつを入れた、1週間の間の事をお彼岸と呼びます始まりの3日間は彼岸の入り当日は彼岸の中日最後の3日間は彼岸の明け、と言う風になっています。2018年での春分の日は3月21日、秋分の日は9月23日でした。

お彼岸は実家に帰省したりできたでしょうか?春分の日は残念ながら連休ではなかったので、無理だった方がほとんどでしょうが、秋のお彼岸は日曜でしたし、帰られた方もたくさんいるのではないでしょうか?お彼岸に帰られた方は、お墓参りに行った人が多いと思います。お彼岸になぜお墓参りをするのか、と言うのはたくさんの説があるようですが、春の種まきや秋の実りに対する感謝の気持ちが、ご先祖様への感謝に結び付いたことで、お彼岸は大事な行事のひとつになりました。春分の日は『自然をたたえ、生物をいつくしむ日』、秋分の日は『先祖をうやまい、なくなった人々を偲ぶ日』と、祝日法の趣旨があります。

 

お彼岸のマナーは?

お彼岸でお墓参り、といっても、宗派やお墓の場所などで、お供えものやお花などに違いがあるのは知っていますか?お墓によっては、お菓子などは鳥や動物が寄ってきてしまうので、お供えしてお参りしたらお持ち帰りしなくてはならなかったりしますし、お花ではないお墓もあります。これは迷いますよね。行って見なければ分からないこともたくさんあります。最低限してはいけない、と言われることはダメですが、お花ではないお墓にお花を持ってきてしまった、ろうそくの色が違っている、などは、気持ちの問題なので気にする必要はないかと思います。お彼岸のお供え物の代表と言えばおはぎですよね。これは呼び方に違いがあるものの、どの地方もお供え物の定番であることには変わらないようです。

一方で、親戚の家など、お墓ではなく仏壇へのお参りなどをすることもあるでしょう。この場合のお供え物としては、日持ちのするお菓子や、故人の好きだったものなどが喜ばれます。お菓子の値段の相場は、3,000円から5,000円程度お金を包む場合も同様です。お金とお菓子を両方お供えする場合は、両方合わせて5,000円程度に収めるのがマナーです。

みなさんもお彼岸にお休みが取れたら、たまにはレジャーはお休みしてお墓参りに行きましょう。

アップガレージの利用

自動車の事ならアップガレージへ

みなさんは自家用車を所有していますか?自家用車は必要ない、という生活状況の方もいるとは思いますが、都心部などを除けば、大多数が自家用車を所有している、家族で所有している方がいる、ということに当てはまると思います。自家用車を所有していれば、ドライブなどで利用することもあると思いますし、日々のお買い物や通勤などで実際にないと生活ができない、と言う必要不可欠なものである、という方もいます。あると便利な自家用車ではありますが、車はメンテナンスが必要不可欠です。故障などということにならないまでも、雪が降る土地ではスタッドレスタイヤが必要です。最近は、急な豪雪や、普段降らない土地での積雪があったり、突発的な天候の変化が激しく、今まで必要としなかったスタッドレスタイヤを、とりあえず用意しておく、という方も増えました。そのような時に助かるのがカー用品店です。特に突発的なことで急にタイヤが必要になったり、来年は車を買い替えるから今年もってくれれば、など新品ではなくても良いな、と言うときには中古パーツ販売店の利用がおすすめです。

 

アップガレージってどんな店?

中古パーツ、中古カー用品の販売店として代表的なお店のひとつに、『アップガレージ』があります。アップガレージは、本社が横浜、本店は東京都町田にあるカー用品店ですが、関東を中心に全国にチェーン展開しています。アップガレージは全国に140店舗以上あり、首都圏のほとんどは直営店、全国の7割をフランチャイズとしています。Used Partsの頭文字をとって【UPガレージ】、カーライフのステージアップに貢献する、と言う意味が込められています。中古カー用品店である『アップガレージ』の他、中古タイヤ、中古ホールの買取や販売を行う『アップガレージホイールズ』があります。自家用車を所有している方でも、自分だけの空間にカスタムして乗りたい、という方も多く、試してみたい部品なども、中古カー用品店であれば手が出しやすいですよね。中古タイヤの買取も行っているので、急な車の変更で、まだ新しいタイヤなの、自分の車では使えなくなってしまった、などと言うときも便利です。中古パーツ店は、車のカスタムなどを行う車好きには、便利でお得に利用できるお店だと思います。他にも、メーカーや車種などを限定した『アップガレージGTパーツ本店』『アップガレージGTパーツスバル店』などがあります。しかもアップガレージは、車だけのサービスだけではありません。

 

バイクの事もアップガレージへ

アップガレージの中には、中古バイク用品も取り扱っている『アップガレージライダース』があります。自家用車は持っていなくても、趣味でバイクを所持する方は多く、最近もバイクの人気が高まっています。バイクは、自家用車以上にカスタムをする方が多いので、バイクの中古パーツ店は人気があります。シートやマフラーなどはもちろん、中古バイクの取り扱いもしています。バイクのカスタムでお悩みの方は、ぜひ一度行ってみて欲しいです。

アップガレージでは、ホームページでの、店舗検索はもちろん、車やバイクの車種やパーツなどを細かく指定して、部品の取り扱いの検索や通販も利用することが可能です。全国に幅広くチェーン店がありため、遠くのお店の中古用品を検索して通販を利用できるのは嬉しいサービスです。こまめにチェックすることで、探していたものが見つかる、ということもあるかもしれませんね。新品では少しお値段が張る印象のカー用品ですが、お得に中古パーツを使って見るのも良いと思います。車好き、バイク好きの方は、通販や店舗をぜひ一度のぞいてみてください。

これからどうなる?原油価格

気になる原油価格

これから少し心配なのが、原油価格の推移です。原油価格はもちろん日本の経済的な部分への影響も大きいと言われています。原産国であるアメリカなどの影響力が高まるのではないか、という懸念など、日本の経済への影響のを気にする方はたくさんいるでしょう。しかし、株をやっているわけでもなし、そんな難しいことは分からない、などど言う方にも、生活の面で必ず影響が出てきます。最近は、特にその原油価格の高騰で、これからの原油価格の動向への心配が大きくなりつつあります。どこまで上がるんだろう、いつ落ち着くのかな、など見通しも分かりませんよね。これから寒くなる時期でもありますし、さまざまなことが気にかかります。そのように、割と無関心だったりあまりよく分からない、などという方でも生活をしている限りは必ず影響を受けることになります。どんな部分で影響が高まるのか現在や今後の推移などを調べてみました。特に生活に密着した部分での影響を分かりやすく解説します。

 

原油価格の影響は?

国同士の経済的な影響を気にしているような方であれば、さまざまな影響が出てくることは想像できるかと思います。では生活に密着した部分の、身近なところではどのような影響があるのでしょう

まずは、自家用車の利用や車を使ったお仕事の方は、気になるのがガソリン代です。お仕事であれば、経費が高くなることになりますし、プライベートでもガソリン代が高いから自動車の利用を控えよう、なんて事にもなります。ガソリン代、となると次に思い浮かぶのが、灯油代です。これから冬が来て、寒くなってきます。灯油のストーブを利用しなければならないような、寒さが厳しい土地の方などは、寒いのを我慢するわけにもいきませんし、灯油の高騰は本当に切実な問題です。このように燃料が高騰する、ということで、農業や漁業などの燃料代が高騰するわけですから、食料などの値上がりが心配されます。その他にも、石油製品の値上がりとなると、プラスチック製品すべてに値上がりの心配が出てきます。残念ながら、今現在に生活している方で、プラスチック製品を利用しない方はいないでしょうし、食品などのパッケージもビニール、プラスチックが占めているような状況です。このように、生活に必要不可欠な部分と原油価格の推移は切っても切り離せない、切実な影響を与える問題です。

 

今後の原油価格の推移は?

最近では、原油価格は上がる一方ですし、これからの動向や、上げ止まりの見通しなど気になるところです。なぜ、原油価格が高騰しているのかという事も、これからの動向や影響につながるひとつの要因です。現在の原油価格の影響は、原産国である国同士の関係悪化というのも原因です。さまざまな専門家の動向の予想や、2018年の最新の石油価格の動向のグラフなどを調べましたが、おおむねしばらくはこの価格で推移していく、という方が多いようです。原産国の動向次第、ということでもありますが、しばらく状況に変化がないようなので、石油価格もこのままの価格で推移していくというのが予想のようです。私たちは見守ることしかできなような事ですが、特にこれからの冬の時期に、寒さをこらえて燃料費を節約したり、苦しむ方がでてしまうのは悲しいです。特に雪の降る地域では、灯油を使った暖房器具も、自家用車も欠かせない、生活の一部だという方は、多く存在しています。住んでいる地域が違うから、といってその人たちだけ放置され、見て見ないフリをされたりすることはあってはならないことです。これ以上、原油価格が高騰しないことを祈るばかりです。原油価格は、生活に密着した大事なことです。これからもしばらくは原油価格の動向を気にしながら、生活していくことになりそうですね。

名古屋で美術館めぐり

美術館へ行こう

これからの季節は、寒さも深まり紅葉などで景色も入れ替わり、たくさんの旬の食べ物も多く、冬の足音が感じられるようになりますね。秋真っただ中の今、秋と言えば【食欲の秋】【スポーツの秋】【読書の秋】などがありますが、今回は【芸術の秋】にスポットを当ててみましょう。芸術の秋ということで、みなさんは普段どのような芸術に接していますか?そもそも芸術というカテゴリーに含まれるものは、実はたくさんあります。観る側(受け手)が心を動かされる、感動した!というものは、全て芸術である、とも言えます。しかし芸術とは、と考えた時に分かりやすいものと言えば、絵画、彫刻などの美術品や、古くからの姿を残す建築物などが挙げられるのではないでしょうか。そこで思いつくのが、天気も安定していてお城などの芸術もたくさんある街、名古屋の美術館について調べてみました。名古屋で美術館や博物館、お城などの芸術めぐりや紅葉を楽しむなど、芸術の秋を堪能してみましょう

 

名古屋は美術館がたくさん

名古屋はたくさんの美術館や博物館があります。芸術の街ですね。有名な美術館をいくつかご紹介します。

・名古屋市美術館

名古屋の中心である白川公園の中にある美術館です。季節ごとのイベントなども開催されていて、春夏はモネ展を開催していました。美術館の建物自体も独創的です。

・名古屋市博物館

常設展以外のイベントが豊富で、絵画の他にも屏風や古書などさまざまな展示があります。子供美術館などを併設しています。

・名古屋ボストン美術館

世界でも認められるボストン美術館の唯一の姉妹美術館です。ボストン美術館の美術品も多く展示されていましたが、つい先日2018年10月に閉館してしまいました。とても残念です。

・ヤマザキマザック美術館

口コミなども多く満足値も高いようです。フランスのオールドマスターから、アールヌーヴォー、ガラス製品や家具など幅広い展示品が魅力です。美術館の内装も、オールドマスターを感じられるゆったりした雰囲気が魅力です。

・徳川美術館

日本の芸術、徳川家唯一の国宝である「源氏物語絵巻」が展示されている他、国宝や重要文化財を数多く所有しています。さまざまなイベント、企画展も人気です。

それぞれの美術館のアクセスや駐車場、イベントや企画展などの美術館情報は、ホームページ上でしっかり確認しましょう。イベントなどで開館時間が変わる可能性もありますのでお気を付けください。

 

名古屋めぐりも

このように、名古屋は芸術の街で、多くの美術館や博物館があり、みんなが芸術に触れる機会も多い街です。名古屋には有名な名古屋城がありますが、それも立派な芸術品ですね。名古屋城でも祭りなどのイベントも多く、秋の紅葉などの移り変わりの景色と、普段は公開していない部分へ入ることができるということで、特別な景色が期待できます。他にも名古屋では、この時期に名古屋港での水上芸術花火があります。寒くなると空気が澄んできますので、花火はきれいに見られますよ。名古屋と言えば、やはり東山動物園も代表的な観光スポットです。動物の彫刻なども美しい芸術品ですが、本物に勝るものなしということでしょう。他にも名古屋市はやっとかめ文化祭という、名古屋の伝統芸能などをまちなかで体験できる、というイベントなども開催しています。外国の美術品も多い美術館と、日本の古くからの国宝などを取り扱う美術館を、両方多くあわせ持っている名古屋は、芸術自体を大切にしている街でもあります。美術館や博物館が名古屋に多い理由が何となくわかる気がしますね。伝統芸能と、世界各地の美術品に触れる旅、名古屋美術館めぐりに行ってみましょう!

そろそろ気になる年末ジャンボ宝くじ

年末ジャンボ宝くじ

みなさんは宝くじは買ったことがありますか?宝くじを買ったことがある人はたくさんいると思いますが、さらに定期的に買い続けている人、となるとかなり少なくなってしまいます。しばらくやっていたけど、当たらないからやめてしまった、宝くじの種類がたくさんあるので買い忘れるようになってしまった、など買わなかった、買うのを控えてしまったというような話はよく聞きます。宝くじをやらない人、やったことがない方たちからは、宝くじはギャンブルのような印象で、興味がわかない、という方もいるようですね。確かに当たり外れがあるし、外れるとお金がもったいなかった、なんていう印象が残るかもしれませんが、宝くじには夢があると思います。当たる金額も大きいのはもちろん、宝くじを買った日から当選番号を発表するまでの間、ワクワクしたりドキドキしたり、当たることを想像したりして楽しんでいる方がたくさんいます。そのように宝くじを楽しめることが、正直うらやましくもあります。買った時点で、夢を買ったんだ!と言う人がいますが、その通りかもしれません。買わなければ絶対当たることはないですし、買い続けている限り、いつか当たりが来る可能性があるんです。

 

さまざまな宝くじがあります

宝くじと言っても、宝くじにはさまざまな種類があります。宝くじの公式サイトを見てみると、色々な種類のものが紹介されています。

・宝くじ

・ビンゴ5

・ロト7、ロト6、ミニロト

・スクラッチ

・ナンバーズ3、ナンバーズ4

主にこの5種類に分別されています。この中でも、今回は【宝くじ】を詳しくご紹介します。

宝くじには、発売日や発売エリアによって、《ジャンボ宝くじ》《全国通常宝くじ》《ブロック宝くじ》に分けられます。中でもジャンボは当選金額が高いというのが最大の特徴かと思います。ジャンボ宝くじは、年5回発売の大型の宝くじで、発売時期によって種類が変わります。

バレンタインジャンボ宝くじ【2~3月頃の発売】

ドリームジャンボ宝くじ【4~5月頃の発売】

サマージャンボ宝くじ【7~8月頃の発売】

ハロウィンジャンボ宝くじ【9~10月頃の発売】

年末ジャンボ宝くじ【11~12月頃発売/抽選日12月31日】

このような発売スケジュールと種類になっています。さまざまな生活に密着したイベントにあやかった宝くじがあることは、意外と知られていないのではないかと思います。

 

これからだと年末ジャンボ!

これから次の宝くじは買ってみよう!という方は、やはり年末ジャンボ宝くじですよね。2018年の年末ジャンボは11月21日発売開始と発表されています。12月21日までの販売となり、年末ジャンボなので、抽選日は大みそかの12月31日です!大みそかに当選番号が分かるなんてワクワクしますね。

実は年末ジャンボ宝くじには、「年末ジャンボミニ」「年末ジャンボプチ」というものがあるんです。これ知っていますか?年末ジャンボミニの方は、ジャンボの1等よりも、当選金額は少ないんですが、1等の本数が多く、年末ジャンボプチは、ミニよりもさらに当選金額は減ってしまいますが、1等の本数が多くなる、というものです。ジャンボ、ミニ、プチのどれを買っても一口300円というのは変わらないのですが、1等の本数が多いということで、少しでも当たる確率が高いと言えると思います。1等の本数が少ないけど当選金額が高い方か、当選金額は下がっても当たる確率が少しでも上がる方か、迷ってしまいますね。宝くじの当選番号を年末の大みそかまで心待ちにしているのも良いですし、当たった人も残念だった人も、すっきり新年を迎えるのも素敵な年末年始の過ごし方ではないでしょうか。

カレンダーアプリ戦国時代、今では無料が当たりまえ?


パソコンが普及し始めて、インターネットが流行を開始した時代からカレンダーを購入する人は減ってきましたが、スマートフォンが普及してアプリとしてカレンダーを当たり前のように無料でダウンロードできるようになると、いよいよ紙媒体の物よりもデータが優先されるようになります。今回はそんなデータによるカレンダーを徹底的に紹介していきます。

カレンダーは無料が当たり前の時代

紙媒体の物を購入するとなったらもちろん、有料になりますが今では自宅向けのプリンターもかなり精度がいいのでA4のカレンダーを無料でダウンロードして印刷するだけでも十分に優れたカレンダーができあがってしまいます。実際にカレンダーを購入するとなると、安い物だと1000円程度ですが、ちょっと高い物になると簡単に3000円程度かかってしまうので昼飯代が500円と考えるとそれだけで1週間過ごせてしまうのです。

このような時代だからこそ節約が叫ばれているので、無料のカレンダーをダウンロードして印刷し、オリジナルの物を用意して楽しむ姿勢で挑んでください。それだけでもかなり節約になります。ただし、印刷しすぎるとインク代がかなりかかってしまうのでそれだけは注意しましょう。

カレンダーアプリ事情は、仕事への導入が進んでいる?

カレンダーがアプリとして登場したのはかなり古いのですが、今ではそのカレンダーすらも仕事に取り込んでいることも多いのです。つまり、皆で共有するカレンダーをネット上に用意して、スケジュール管理をするといった機能がついているということです。もちろん、個人向けのものもあるのですが、今では共有でデータを確認するのが当たり前の時代となっているので、会社側でスケジュール管理をするために必須アプリとしてのインストールが推奨されることが多くなっております。具体的には「TimeTree」あたりが有名でしょう。

モバイル専門のリサーチ機関が調べたところ、スケジュールを「スマートフォン」で管理している人は50%を超えているという情報もありましたので、もはやそれが当たり前の時代となってしまったのでしょう。

カレンダーの大安友引って何だっけ?

このようにデータ化してしまったカレンダーというのはあくまでもスケジュール管理が目的となっているケースが多いので、昔から日本のしきたりのように扱われていた文化が消滅しつつあります。今の若い人たちに大安や友引の正しい説明を求めたところでなかなか正解は返ってこないでしょう。

もともと、この考え方は中国で生まれた思想から発展した「六曜」からきているもので、鎌倉時代から室町時代に日本に入ってきて根ざした物と言われております。この六曜は先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口があり、順番に巡ってくるのです。友引が大安に続いて吉日と言われていますが「友を引く」という言葉の通りに「友達をあの世に連れて行く」という意味があるので葬儀などはNGの日にちとなっています。結婚式はOKです。大安は「大いに安し」という言葉で表すことが出来るように新しいことを始めるのに最も適している吉の日と言われております。

年間カレンダーで無料のおすすめは

これはなかなかに難しい問題です。というのも、カレンダーにどこまでの機能を求めるのかで大きく変わってくるからです。たとえば、グループで共有して使うのであれば先に紹介した「TimeTree」のような機能が求められますし、ただ単に日にちを確認できればいいという物ならばシンプルなものが求められるでしょう。TODOや日記といった多機能性を持たせたいのならば多機能な物を探す必要があります。

個人的にシンプルな無料カレンダーアプリは「フェリスカレンダー」や「ジョルテカレンダー」だと思っております。シンプルで使い勝手がよいのです。多機能性を求めている方は「Lifebear」や「Yahoo!カレンダー」が一押しとなります。こちらはサッカーや野球の試合日程を見たいので後者の「Yahoo!カレンダー」が個人的には好みです。

カレンダーの大安仏滅はもはや関係ないのか

大安は何かをするにはとってもいい日で、仏滅は何かを始めるには最も悪い日です。仏教とは全く別の考えであり、民間信仰から発展したと言われている「六曜」は現代社会では気にしている人は圧倒的に少ないでしょう。仏滅での冠婚葬祭は御法度という認識が一昔前まではありましたが、今では気にしている人も少なくなっております。友引での葬式も意識していない人もいるでしょう。

しかし、マイナビなどのアンケート結果で「仏滅や大安といった六曜を結婚式では気にするのかどうか」の答えを見てみると、半分くらいの人が「はい」と答えていたのがびっくりでした。半分は意識しているのです。その理由は「迷信だけど一応気になるから」とか「自分はどうでもいいけど年配の方のこと考えた」といういかにも現代っ子を意識させるものとなっています。

エンディングノートを用意して人生を見直そう


遺書のように堅苦しいものではなく、遺言のように重いものではないというのが最大の特徴となっているのがエンディングノートです。最近は自分らしく生きる「終活」という考え方が非常に浸透してきたのでこのエンディングノートも波及しつつあります。今回はこのエンディングノートとは一体何なのかを若いりやすく解説します。

エンディングノートの書き方

エンディングノートの書き方は自分自身が思っているような終わり方を記載すればいいのです。遺言や遺書のような遺産分配の話はいりません。あくまでもかきたいことをかけばいいのです。そう言われてもなにをかけばいいのかがわからないという方はテンプレートを利用して記載すればいいでしょう。そこには何かあったときの連絡先や葬儀の有無、そして貴重品や年金といった情報を書き込むことができるようになっているので、まずはわかっていることから埋めてください。

その後に自分のことをかいていきましょう。今までの人生を振り返りながら日記のように書き綴っていくのです。パソコンやSNSのパスワードやアドレスといった情報も記載してください。最も重要になるのが、自分が判断力や意志力を残している状態で病気になったときに延命治療を臨むのか、相続はどうするのかといった情報になります。

エンディングノートとは

エンディングノートは遺言や遺書とは違うので、法的効力は発揮しません。法的効力が発揮した物が欲しいのならば遺書や遺言を用意して遺産手続きなどの相談を弁護士などにしておきましょう。あくまでもエンディングノートは自分の人生の終着点に到達する前に、希望をしっかりと書いておくノートなのです。病気になったらどうするのか、財産はどうするのか、延命措置はいるのか、葬儀はどうしたらいいのかを記載しましょう。

近代医療が圧倒的に発展した現代では、ほとんどの方々が病院で亡くなる状態になっているので、延命措置の有無は重要になります。葬儀もどうしたらいいのか、周りの人たちに相談することができない人でも希望をかくことが出来るので、望み通りに思うがままに記載してください。あくまでも命令ではなく希望なのです。

エンディングノートは無料?

有料の物ももちろん売っていますが、ワードやExcel向けに用意されているテンプレートも無料で大量に配布されているので、そちらから探すのもいいでしょう。たとえば市販されているものだと通販サイトにかなり種類が豊富に揃っているので探すのは楽になっております。2011年に公開された日本映画の「エンディングノート」が爆発的に売れたので、そこからこのエンディングノートという考え方が一気に浸透し、商品としても多くのメーカーが取り扱うようになったのです。

ちなみに楽天の人気エンディングノートはこちらの「エンディングノート」になります。一冊1000円ですが、ベストセラーにもなっているので多くの方々が購入しているのでしょう。このように有料の物もあれば無料の物もあるという状態です。

エンディングノートの無料おすすめはどれか

はっきり言ってものすごく種類は豊富なので、自分に合っているものを探して見つけるのが一番でしょう。ただし、種類が豊富すぎるので自分にとって合っている物とは一体何なのかを先に決めておく必要があります。Wordの方が使い勝手がいいのか、Excelの方が慣れているのか、それともそれ以外がなれているのか、まずはそこからスタートしましょう。そこから、分量はどうなっているのか、項目はどうなっているのかをチェックしていきます。

また、ちょっとしたテクニックですが、終活に必ず関わってくる葬儀屋さんで無料資料請求をするとついてくることもありますので、そちらを使うのも正解です。ここまでやるとだいぶ絞れますので、自分が欲しいものも見つかるでしょう。個人的におすすめなのは「百人百想・エンディングノート」とラプラージュ事務所にある「エンディングノート」です。

エンディングノートの書き方サンプルはあるのか

これもテンプレートが大量にあるので、どのテンプレートの書き方なのかで変わってくるでしょう。無料ダウンロードしたものでもサンプル付きの物がありますので、それが参考になります。それでもどのような書き方をしたらいいのかわからないという方は「エンディングノートの書き方例|書いておきたい内容を見本で詳しく解説」というサイトで具体的な書き方を丁寧に解説しているので、そちらを参考にするといいでしょう。

基本的に項目ごとに必要な物を埋める作業となりますので、そこまで難しい物はありません。ちょっと悩むような項目でも法的効力は無くあくまでも希望になりますので、気軽に記載すればいいのです。ただし、無くしてしまったらそれまでなので扱いは慎重にしてください。

葬式のマナーについて特に香典はどうすればいいのか


葬式にはいくつものマナーが必要です。その中でも高確率で困ってしまうのが香典の扱い方や金額設定でしょう。仮に、香典の平均金額がどうなっているのかを見ることが出来るようなシステムがあればそのタイミングで一度チェックしてその平均金額通りに用意するという方も多いのではないでしょうか。今回は葬式のマナーについて調べ、その中でも香典の扱い方や金額について記載いたします。

葬式の香典は金額をどれくらいにすればいいのか

最もシンプルな回答は親族の誰かに聞くことです。しかし、できる限り払いたくないという心理が働いてしまうと、葬式費用にかなりかかっているとは思ってしまいますがそれでもけちってしまう方向に舵をきってしまうこともあります。その結果、間違った常識を植え付けられてしまうことすらありますので、親族に聞くだけで終わってしまうのは危険でしょう。ベストは、自分なりの回答を用意しておくことです。

結論は、年齢やその人との関係性によって大きく変わってしまうので、一回一回ごとにチェックするのが正解となります。その人との関係性は家族・親戚・仕事の関係者・顔見知りなどどれに該当するのかをまずはチェックします。家族ならばもちろん関係性は深いので5~10万円程度必要になりますし、顔見知り程度ならば3000円から1万円程度でいいでしょう。20代ならば低めにして年をとるごとに高めに設定してください。

ただし、大量に用意すればいいというものでもありません。少なすぎも論外ですが、高額を渡されても渡された側が返済の機会が訪れたときにその金額を用意することが出来なくなりますので、これらの相場を随時チェックして当てはめるように努めましょう。

葬式のお金はいくらかかるのか

これはどのような葬式プランにしたのかで大きく変わってきますので、幅が非常に広いです。全国平均では200万円程度と言われていますが、そもそも葬式をしないで火葬して終わるというケースになると10万円程度で終わってしまいます。

しかし、その気になって本当に豪華な葬式をする場合は1000万円以上も余裕でかかってしまうでしょう。このように下と上の差がものすごいことになっていますので、経済的な余裕がどこまであるのかを考えて葬式の規模を決めてください。非現実的な物がアウトなのです。相場はだいたい200~250万円だけど、自分たちの予算的にはどの程度までなら許されるのかを考慮して開催するといいでしょう。規模が大きすぎても小さすぎても周りからの印象や負担という面でトラブルになりがちなので注意してください。

葬式における香典マナー

葬式における香典マナーはかなりたくさんありますので、すべて覚えるのは大変でしょう。これは香典を用意して手をつける前に調べながら実行するのが一番安全です。あやふやな知識や記憶の中でチャレンジする方がよっぽど恥をかきますので、調べながら実行してください。

まず、持参するタイミングですが香典は告別式や葬式や通夜の時に持参します。急な通夜では香典が用意できないということも多々ありますが、そのときは焦って変な封筒に入れるくらいならば告別式や葬式のタイミングでしっかりとした物を用意してお渡しする形にしたほうがいいでしょう。また、できるかぎりスタンプは使わないようにして薄墨を使って下手でも手書きで書いた方がいいです。

葬式の花は何にするのか

葬式において重要になるのが花をおくることです。これはいわゆる供花(きょうか)と呼ばれる物で、お悔やみの気持ちを込めた花となります。気持ち次第でおくることが出来る花ではありますが、雰囲気にそぐわない物はアウトです。基本的には白菊をメインとして一対になる形で送るのが基本だったのですが、現代日本ではこの考え方も変わっているようで対ではなく一つだけで送る人も出てきましたし、白菊ではなく洋花も使う人もいるようです。

絶対に忘れてはいけない供花のマナーとして、遺族側の了承を得てから送るという物があります。これを勝手に葬式に参列できないからと送ってしまっても相手が受け取り辞退をしてしまうといパターンが急増しています。

葬式のマナーは多い

観光葬祭の中でもとびきりマナーが多い葬式ですが、全部暗記できている人は少ないでしょう。服装・供花・持ち物・香典・参列・礼儀作法など一つ一つにルールがあるので、一つ一つチェックしていくしかないのです。ただし、服装や供花や持ち物は調べながらでも用意できるので暗記する必要はありません。用意するタイミングでネットを見ながら正しいやり方をトレースしてください。

問題なのは見ながら対応が出来ない参列マナーや礼儀作法です。これは必ず覚えてから葬式に参加するようにしましょう。遅刻は厳禁ですし、知人に対するあいさつも黙礼程度に抑えて話し込むことはやめましょう。「この度はご愁傷様でございます」と小さな声でお悔やみの言葉を伝えるだけでokです。

日本の10月イベントについて


テンションを上げる方法は色々とありますが、最もわかりやすい方法が何らかの大きなイベントに参加して盛り上がることです。参加方法にも色々とありますし、観光客ではなく本格的にスタッフや人に何かを魅せる側の立ち位置になって動くことすらあります。どちらの立場でもテンションが上がるので気力がわき上がるでしょう。渡航にハロウィーンに注目している人は非常に多いのでそれらにまつわるイベントのために服装といった用具を集めている人もたくさんいるのです。今回は10月に行われるイベントをひたすら調べていきます。

東京で行われる10月イベントについて

東京は非常に多くのイベントを開催しているので季節問わずに騒ぐ気になったら騒げてしまいます。たとえば「Walkerプラス」というサイトで「東京都のイベント一覧・2018年10月開催のイベント」と検索すると442件ヒットします。季節に関係ないイベントも多々ありますが、それでもこれだけの数ヒットする次点でびっくりする方が多いでしょう。「ラーメン日本一決定戦」から「明治神宮の秋の大祭」までいろんな行事が行われていますので、その中から行きたいものを抜粋するしかないでしょう。数が多すぎるので、ひたすら興味があるものを探すスタイルになります。東京ビッグサイトでもしばしばイベントが行われているので、場所から選ぶのも正解です。

ただし、10月最大イベントとして注目されているのはやはりハロウィーン関連のイベントになっておりますので、そちらに注力するのが安全パイとなっております。参加者も非常に多いですし誰でも参加できるようなものが多いので遠方のお客も多いのです。おすすめはやはり10月28日に開催される「原宿表参道ハローハロウィーンパンプキンパレード2018」となっております。

東京ドームで行われる10月イベントについて

10月といえば東京ドームで長いシーズン戦っていた巨人もお休みのシーズンになりますので、本格的にイベントが増え始める時期になります。クライマックスシリーズや日本シリーズが入るとまだまだ試合中になるので空きになることは少ないのですが、増え始める時期であるのは確かなのです。実際に2018年の10月に行われる「東京ドームスケジュール」を見てみると20日と21日に開催される「EXILE」のイベントと31日に開催される「PAUL McCARTNEY」ぐらいありません。

これが11月や12月、そして1月となるとほとんどイベントで東京ドームが埋まっている状況になるのですが、やはり10月は日本シリーズやクライマックスシリーズの影響を考えてそこまでイベントを入れられないのでしょう。2018年11月には東京ドームで野球の日本代表である侍ジャパンの壮行試合がありますので、11月でも野球に何日かとられてしまいます。野球好きにはたまりませんが、イベント好きにはちょっと困ってしまうかもしれません。

日本でなぜここまでハロウィーンが騒がれるのか

10月のイベントとしてハロウィーンがおもいっきり騒がれるようになったことから、沖縄でも札幌でも宮城でも名古屋でも関東でも関西でもハロウィーンにまつわるイベントが確実に増えました。認識率が一気に上がりましたし、日本人でも盛り上がれるということがわかったのが大きいのでしょう。これらの状況を専門家が分析した結果がいくつかあるのでそちらを見てみましょう。

日本人にとってハロウィーンは仮装をしてはしゃぐある意味コスプレ会場の様相を呈していますが、もともとは古代ケルト人が起源とされている宗教的な意味合いが強い行事であり、そこから意味合いが変化していきました。文化圏で大きく扱いが異なっているのがハロウィーン関連のイベントで、英語圏の方々が最も盛り上がっているようです。英語圏ではない日本は当然盛り上がることなく静かだったのですが、1999年あたりから盛り上がり初めて、2000年前半にジャックスパロウが大人気になった当たりで広まり始めます。一気に広まったのは2009年に東京ディズニーランドでハロウィーン関連のイベントが大々的に行われたからで、そこから同じように楽しみたい人が仮装して歩くようになりました。

豊洲市場の観光はもうできる?


世間では築地市場移転問題ということでたびたびニュースに出るようになり、小池百合子氏があまりにも高頻度で姿勢を変えるようになってしまったことで「また移転問題で荒れている」という他人事のような雰囲気も出てしまうようになりました。未だにそのゴタゴタの悪影響がものすごく出ていますが、2018年の10月11日から取引が豊洲市場で開始されているので一応の形ではありますが一段落ついているのです。そこで、今回は最近取引が開始された豊洲市場について紹介いたします。

豊洲市場は見学できるのか

豊洲市場が見学できるのかどうかという質問にはイエスと回答します。テレビでもよく放送されていたマグロの競りの見学や展示コーナーの見学が出来るのです。水産仲卸売場棟見学ギャラリーというものがありますので、そちらに申し込む形になるでしょう。豊洲市場オープンに至るまでに色々とありましたので、そのことばかり話題が集中していましたがオープンした後の話題は下火気味で注目度が下がっているように見受けられます。そのことから見学ツアーなどの情報もそこまで広まっていないのでしょう。具体的な見学ツアーを利用したいというかたは公式ホームページの「市場見学申請の様式」からダウンロードしてしっかりと記入してファックスで送るだけです。わからないことは問い合わせ先から確認してください。

ただしこちらの「豊洲市場の飲食・物販店舗及び見学者通路の一般の方のご利用等について」の情報を見てみると物販店舗や飲食店舗は見て回ることが出来ますが、マグロの競りの見学はまだ出来ないと言うことがわかります。これは2019年の1月からスタートされるようです。ただし、栄養日は臨時休市日以外の月・火・木・金・土なので注意しましょう。

豊洲市場の工事は終わったのか

豊洲移転問題は非常に騒がれていましたが、実は2001年に江東区豊洲への移転が決定していたのです。この移転が行われたのが2018年なのでなんと17年越しとなります。この問題は東京ガスの工事跡地に行うこと準備は2016年5月頃にはほぼできていたのに「土壌汚染対策に不安が残る」と諸問題を提示したことで色々とうやむやになったことからスタートします。ここからさらに「盛り土が行われていなかった」とか「これには当時の都知事である石原慎太郎氏が関わっていた」などの情報が出ていててんやわんやとなります。ここら辺の騒ぎはひどかったので、概要がわからなくてもニュースで経緯を見たことがあるという人も多いでしょう。

2016年には施設は出来ていましたが、これらのトラブル騒ぎに追加して換気機能の追加などの後付けの工事が追加されるようになりここまで遅くなりました。この工事中も「移転してからまた築地に戻す」とか「やはり築地は解体する」といった二転三転の騒ぎがあったので、遅々として移転の話が進まなかったのです。これらのトラブルの悪影響が非常に大きく観光客受け入れ施設の着工が遅れ予定地には臨時施設で対応という状態になっております。

豊洲市場の観光について

豊洲市場の観光をしたいという方は東京都中央卸売市場から出されている正式な「パンフレット」や「豊洲市場の見学者コース」をまずはご覧ください。そこにある程度の概要が書かれていますので、豊洲市場でどのようなことをしているのか、見学をする場合はどのようなルート案内をされるのかがよくわかります。豊洲市場を観光する場合は見学ツアーに申し込むという方法もありますが、通常の見学ならば自由に出来ますのでツアーはいらないという方は直接向かっても問題ありません。

ただし、築地市場の移転は今のところ「築地場内市場」が移転を完了しただけなので場外市場にあるお店はまだ築地市場に残っています。つまり、まだまだ完全な移転はされていないと言うことです。先ほど記載した観光客受け入れ施設の着工が遅れているというのが響いているのです。具体的にこの施設及び事業「千客万来施設事業」が本格稼働するのは2022年と言われているので本格的な豊洲市場の見学が出来るのはまだまだ先のことと考えてください。